北の湿原の沼から


国指定鳥獣保護区・ラムサール条約登録湿地 宮島沼
ハクチョウ、マガンなどが越冬地の宮城県の伊豆沼 秋田県の八郎潟から繁殖他のロシア極東に向かう途中の中継地なのです
多い時には5~6万羽が見られますが、多くは北えと旅たちマガンとヒシクイが少し見られる

d0098721_15162433.jpg
d0098721_15164817.jpg
d0098721_15180062.jpg
飛びたち近くの畑に行くようです

d0098721_15202341.jpg
d0098721_15214605.jpg
畑に下りる様子が

d0098721_15233377.jpg
d0098721_16552972.jpg
秋蒔き小麦畑に下りたマガンたちの食害を防ぐために
模擬の鳥を飛ばし被害を防いでいる様子が見られます

by hama-nasu | 2018-05-09 17:03 | Comments(0)
<< 北の森のエゾリス 春の花が咲く森から >>