新しい白鳥の家族が
ロシア極東で生まれた幼鳥をともない北の湿原にハクチョウの家族が毎日飛来す

d0098721_16445620.jpg

d0098721_16452752.jpg
幼鳥が多く見られる

d0098721_16461426.jpg
d0098721_16463573.jpg
幼鳥たちは飛ぶ練習をしているようです

d0098721_16465239.jpg
餌を捕りに近くの水田に行く様子は見られなく沼で休む時間が多く見られる

d0098721_16453993.jpg
マガンの家族も休養する様子が

空を見るとマガン、白鳥の群れが南の越冬地に向かうのが見られる

by hama-nasu | 2017-10-15 16:58 | Comments(1)
Commented by ねこむすめ at 2017-10-16 07:59 x
渡り鳥が「く」の字型に群れをなして
飛んでいく風景は郷愁を誘いますね。
特に夕日の中だったりすると、藁焼きの
匂いまで思い出します。
そちらはお天気はどうですか?
東京は雨ばかりで秋の高いあおぞらが恋しいです。
<< 十勝岳の山頂は雪 北の森からエゾリス便り >>